床暖房導入の理由=リビング階段+末端冷え性の嫁+乾燥肌の夫

家づくり

皆様、どうも。
ひろし&みさえです。

間取りの提案を待つまでの間に、家の中のことを色々と話し合っている我が家。

第19回目の記事となる今回は、床暖房を導入するか否かについて、我が家の決断とその理由を紹介したいと思います。

床暖房のデメリットは?

記事タイトルを見てお察しかと思いますが、結論から言うと、我が家は床暖房を導入することになりました。
その導入理由がすなわち床暖房のメリットの紹介になるので、その前にデメリットについて紹介します。

暖まるまでに時間がかかる

床暖房の場合、スイッチをオンにしてから、部屋が温まるまでに1時間程度かかります。

その点、エアコンの場合は、スイッチをオンにして数分後には温かい空気が出てくるので、スピード感は大きく差があります。

床暖房の場合は、使用する1時間前にスイッチがオンになるようにタイマーを設定するような工夫が必要ですね。

初期費用が高い

ひろしがまだ小さいころ、友達の家に行って、床暖房がついていると「あ、お金持ちだな」と思っていました。
昔に比べ、今は床暖房をつけている家庭も多くなりましたが、やはり贅沢でお金がかかるイメージがありますよね。

細かくいうと、床暖房には、ガス温水式と電気ヒーター式とがありますが、いずれの場合でも、温水マットや熱源機を設置したり、ヒーターや熱線を床の下に設置したりという工事が必要になります。
この工事費は当然エアコンを設置するような簡易なものではないため、初期費用は高くなります。
目安として、15帖のリビングに床暖房を入れるなら、工事費含め初期費用は少なくとも100万円はかかるようです。

ただし、太陽光発電をつけるなら、床暖房を数万円で設置してくれるようなキャンペーンもやっているみたいなので、太陽光発電をつける方は初期費用を抑えられるかもしれません。
我が家も太陽光発電設置を考えているので、キャンペーン利用により床暖房をいくらで設置できるかについては、わかり次第記事にしますね。

我が家が床暖房導入を決めた理由

それでは、本題。
我が家が床暖房を決めた理由について紹介します。

リビング階段の場合、エアコンだと暖まらないから

これまでの記事でも触れてきたとおり、我が家はピアノ教室をする関係上、リビング階段は確定となっています。
リビング階段の場合、エアコンだと寒い理由は、「部屋の暖め方」にあります。

エアコン=天井近くから温風を出して部屋を暖める

ここで問題なのは、温かい空気は上へ上へと上昇していく特徴があることです。
閉ざされた部屋であれば上から徐々に部屋全体が暖まるので問題ありませんが、リビング階段の場合、天井近くから出た温かい空気が天井を伝い、そのまま2階へ流れていきます
そのため、2階が暖まっても、1階の部屋は寒いままとなってしまいます。

一方で、床暖房は部屋の暖め方が根本から違います。

床暖房=遠赤外線を利用したふく射熱と熱伝導により床から部屋全体を包み込むように暖める

床暖房の場合、温かい空気を出すわけではないので、熱が2階へそのまま逃げるということはありません。
リビング階段を設置している場合でもエアコンに比べて部屋全体を効率よく暖めることが可能です。

嫁が末端冷え性だから

これは嫁みさえに限らず、特に女性の多くはそうかもしれませんが、足や手の指先が冷えてつらいという症状です。

今の我が家(賃貸マンション)は床暖房がついていないのですが、部屋をエアコンでガンガン温めても、みさえは靴下を二重にして、さらにブランケットで包んでいる時もあります。
そのくらい足先ってなかなか温まらないんですよね。

その点、床暖房なら、足元からブワーっとじんわり温めてくれるので、すごく楽になるそうです。
先日記事にした「住まいの参観日」で訪れた中にも、お床暖房を導入している家があり、その奥様も冬場の足の冷えが解消されたそうで、みさえと盛り上がっていました。

これ、末端冷え性では無い方にはなかなか理解されないかもしれないですが、本当に辛いみたいなので重要なことだと思います。

夫が乾燥肌だから

エアコンの場合、温風を出すので、それが水分を奪う原因となります。
温風を出さない床暖房の場合は、エアコンに比べ、肌を乾燥させないまま部屋を暖めることが可能です。

我が家にとってこれが重要な理由は、ひろしがかなりの乾燥肌なのです。
もちろん、みさえも冬場は肌が乾燥するとよく言っていますが、ひろしは本当にカピカピになります。
踵は割れますし、急に顔の肌が切れるときがあるくらいです。
そんな乾燥した肌に、エアコンの温風が当たるのって本当に辛いんですよね。

また、乾燥は喉や風邪対策にも良くないため、快適に毎日を過ごすために、床暖房で少しでも乾燥を防ぐのは大切だと思います。

こうして、我が家は床暖房を導入することになりました。
コストアップなことばかりで、総額でいくらかかるのか本当に心配です。

みさえ
みさえ

末端冷え性には床暖房は絶対!それに床暖房さえあれば冬でもエアコン全く使ってないって住まいの参観日の奥さん言ってたよ!

ひろし
ひろし

床暖房いいね。あとは太陽光発電とのキャンペーンでいくら安くなるかだなー。

今回の記事が、皆様(特にリビング階段にする方、末端冷え性の方、乾燥肌の方)の参考になれば幸いです。

それでは皆様、またね、またね、またね!

タイトルとURLをコピーしました