2020-09

家づくり

植栽工事をハウスメーカーに依頼するデメリットを感じた話。

新築戸建ての植栽工事(造園工事)をハウスメーカーに依頼するデメリットは?手間やコスト、保証面を考えると、積水ハウスに依頼するのは間違っていないが、実際に植えられる樹を選ぶことはできず、イメージとのギャップを感じることも。
家づくり

家の植栽工事で後悔しないためには立会いが必須!その理由は?

新築戸建て建築ブログは、ハウスメーカー(積水ハウス)による植栽工事の段階へ。後悔しない植栽工事には施主の立ち会いは必須。現場でしかわからない視点で、改めて外観とのバランス、家の中(窓)からの見え方、枝の垂れる方向などを最終調整しよう。
家づくり

外構工事は外注すべき?ハウスメーカーに頼んだ我が家の結論。

新築戸建の外構工事(エクステリア)はハウスメーカーに依頼する?自分で外構業者を探す?積水ハウスに外構を依頼した我が家が、そのメリット・デメリットを考察。果たして、費用が高い積水ハウスに依頼した価値はあったのか!?後悔しない家づくりに必見です。
家づくり

外構工事でまたもやミスが発生。トラブル続きに温和な夫も切れた!

積水ハウスによる外構工事。階段の手すりに続き、塀でもミスが起こり絶句する我が家。現場監督に抗議したものの、ハウスメーカーの責任としてしっかりと対応するという約束と、現実的にこの時点で外構業者の変更は無意味と判断し、引き下がるのであった…。
家づくり

玄関アプローチ階段の外構工事に納得できず、やり直してもらうことに。

積水ハウスによる外構工事は階段の施工に突入。しかし、手すりのコア抜きの仕上がりに満足できない我が家。現場監督に問い合わせたところ、工事のやり直しが決定。後悔しない家づくりのためには、納得できないことは伝えるべきだと改めて痛感。
家づくり

ウッドデッキ施工!リビングと庭がフラットにつながる空間に。

積水ハウスによるウッドデッキ施工の様子を公開。将来的に後悔しないためにも雑草対策は念入りに。積水ハウスは防草シート+白砂利。ウッドデッキをリビングとフラットにつなげることで、内と外の境界が曖昧になり、広い空間にみせるメリットを発揮。
タイトルとURLをコピーしました