高圧線のデメリット!土地・家の価値が下がる?電線との違いは?

家づくり

皆さま、どうも。
ひろし&みさえです。

第8回目の記事となる今回は、家づくりにおいて意外な盲点?である高圧線や電線について書きたいと思います。

高圧線が近いことが土地評価のマイナスポイント?

実は、ひろし&みさえは、かなり奮発して、予算を大幅に超える土地を買いました。

土地自体の広さはもちろんのこと、周辺の住環境を総合的に考え、
もうここしかない!と思い頑張ったんです。

購入するに至っては、その土地がどのような価値があるのか、様々な不動産関係の方にお話を聞きました。(やっぱり、大きなお金を出すので、納得して買いたかったからです)

その中で、一社にだけ、
高圧線が近いのだけが、少しマイナスポイントですね
と言われました。

正直、言われた瞬間、
えっ?高圧線なんて近くにないよ?
というのが、率直な思いでした。

と、言うのも、ひろし&みさえが思う高圧線は、上記画像のように、高くそびえ立つ鉄塔、そしてその鉄塔と鉄塔を結んでいる線のことだというイメージだったからです。

googleのストリートビューを使って、購入予定の土地の周辺状況を確認。
うん、やはり鉄塔は近くにない。

そもそも高圧線って何?

業者がなにか間違ってるんじゃないの?と思いながらも、やはり気になるなんでも研究家のひろし。
早速調査開始です。

そもそも、高圧線ってなんなんだろう。

調査結果を、ひろしなりにわかりやすく説明します。

まず、電気は当然ですが、発電所で作られます。
日本では、火力発電所、原子力発電所、水力発電所が主ですね。

すごく簡単な言い方をすると、

火力発電所は、石油、石炭などの燃料を輸入に頼っているのでタンカーを受け入れる港から離れると効率的じゃないし、蒸気の冷却に大量の水も必要なので、海の近くに作られることが多いです。

原子力発電所も、冷却の水が必要なので、海の近くに作られる。福島の原発もそうでしたよね。

水力発電所は、水が高いところから低いところへ落ちるときの力を利用するので、山の中のダムの近くに作られることが多い。

なにが言いたいかというと、結局電気は、海の近くだったり、山の中だったりと、住宅地から離れたところで作られています。

そのため、発電所で作られた電気を、まずは住宅地の近くまで送らないといけませんよね。

この役割を果たしているのが、送電線であり、その送電線を支えるものこそが、鉄塔になります。

送電するときには、電圧を高くして送る方がロスが少なく済むらしく、当然鉄塔で支えられたこの送電線は、高圧の電力が流れる高圧線となります。

ですので、鉄塔を結んでいるあの線が高圧線だ!というところまでは正しいです。

勘違い。電線の一部も高圧線だった!

しかし、高圧線と呼ばれるのは、上記の送電線だけじゃないんです。
ひろし&みさえの勘違いはまさにここです。

鉄塔で支えられた送電線(高圧線)は、変電所と呼ばれる、電気の電圧を使用場所に適した電圧に変える施設に繋がっています。

そして、その変電所から、皆さんの家に電気を運んでいるのが、街でよく見かけるお馴染みの電線であり、それを支えているのが電柱です。

で、皆さんお馴染みのこの電線、なんとこれも高圧線の部類に入るのです。

鉄塔に支えられた送電線が高圧線で、街で良く見るような電柱をつなぐ電線は低圧線だって思ってませんでした?
まさにひろし&みさえはそう思ってました。

じゃあ、低圧線ってどれなのよ!ってことですが、街の電線をよく見てみてください。

電柱と電柱を繋ぐ電線から、各家庭の屋根の下あたりに向かって繋がっている少し細めの線がありませんか?

それは、家庭へ電気を送る最後の線で、引き込み電線と呼ばれています。

で、その引き込み電線が、低圧線と呼ばれている線になります。

普段見ている電線、意外と複雑ですね。

あくまで、なんでも研究家のひろし調べではありますが、このことを知っている人って少ないんじゃないかと思います。

やはり、一般的な高圧線のイメージって、鉄塔と送電線ですよね。

以上のことを踏まえると、業者(一社だけ)が我が家の土地に対して言った、
「高圧線が近いのだけが、少しマイナスポイントですね。」
という言葉も理解できます。

確かに、近くに電柱はありますもん!

でも、そもそも、電柱が地中化されてないエリアのほとんどは電柱近くにあるじゃん!と思ってしまいますが。

業者に再確認すると、まさかの回答。

後日、その業者に、

「他の業者さんは高圧線のことはマイナスポイントとして挙げてなかったんですが…。」

と聞いてみたところ、

「確かに、世間一般で敬遠される高圧線は、鉄塔ですね。鉄塔の送電線は、特に電圧が高く、特別高圧線と呼んだりして、真下には家が造れないケースがあったり、電磁波などでの健康被害を心配して敬遠される方がいたりするんですよ。でも、今回のひろし&みさえさんの土地の場合は、良くある普通の電柱ですから、全く気にしなくて良いレベルですよ。」

と笑顔で言われました。
続けて、

「これ、高圧線って書き方してますけど、高圧うんぬんではなく、電柱があると、景観的に良くないとか、鳥がとまって糞をするとか、犬がおしっこしていくとか、そういう面で嫌がる方はいるので、少しマイナスポイントにはなるかな、という意味ですね。」

とのこと。

実際、電柱レベルの高圧線で健康被害うんたらは気にしなくていいらしいです。
(鉄塔の特別高圧線レベルでも健康被害が出るなんて科学的にはっきり証明されてないようですが)

確かに景観的には無いに越したことはないですよね。

高圧線なんて書くから気になったじゃないか!最初から電柱って書いてよ!
という気持ちを押し殺し、安心したひろしなのでした。
(そもそも業者に文句を言うような勇気はひろしには無い。)

でも、電線やら電圧って専門的で難しいですね。

気になる方は、今後、家探し・土地探しの際は、業者に一言確認してみてもいいかもしれません。

以上、参考になれば嬉しいです。

それでは皆さま、またね、またね、またね!

タイトルとURLをコピーしました