ダイワハウス編~大和「奏でる家」の防音室ならピアノ演奏も安心~

家づくり

皆様どうも。
ひろし&みさえです。

さて、第3回目の記事となる今回は、ハウスメーカー巡りについて書きます。
ハウスメーカー巡りの第1弾は、ダイワハウス展示場訪問編です。

ひろし&みさえが、家づくりを思い立った令和元年5月、一番最初に訪問したハウスメーカーが大和ハウスです。

竹野内豊さんが「天井が高い家っていいよなー(本当は天井が低くて狭いところが大好きなんだ)」というユニークなCMやってますよね。

ひろし&みさえ「天井が高い家っていいよなー(本当にその方がいいけど予算的に無理なんだ)」という状況ですが、気にせずバッチリ訪問予約しました。

訪問予約の際は、もちろん、
住宅展示場で良い営業マンに出会う方法。営業部長直伝のコツを公開!
で書いた方法を実践しました。

そのおかげで、当日は、店長さんに対応いただくことができました。

35坪で総額4,000万円?

担当してくれた店長さん。
営業マンってガツガツしてるんでしょ?
というひろし&みさえの勝手な想像と真逆で、実に落ち着いて気品のある方でした。

以前、ふらっと住宅展示場に寄り、別のハウスメーカーで話を聞いたときは、自分のハウスメーカーの良さを一方的に喋られ、疲れ果てた思い出があります。

しかし、この店長さん、大和ハウスの良さ、売りを自分から言うこともなく、ひたすら、ひろし&みさえの話をよく聞いてくれます。
そのうえ、質問をすれば、わかりやすく答えてくれます。
とにかく居心地が良いというか、とっても話しやすい!

そんな大和ハウス、確かに天井が高く、高級感にあふれた展示場でした(この展示場レベルの家を作るなら、億かかるみたいだからそりゃ高級感あるよね。笑)

ある程度話をしたところで、みさえが切り込みます。

みさえ「私たちは、35坪くらいの家を考えているんですが、それを大和ハウスで建てようとするとどのぐらいかかりますか?」

店長さん「付帯工事費用や諸経費などもすべて入れた費用、つまり総費用で4,000万見ておいていただけると色々とオプションを入れても大丈夫かなと思います。」

ひろし&みさえ「なるほど、そうですか。(た、高い…)」

いや、でもね、この店長さん、正直で好感が持てました。
大体の営業マンさんが、安めの金額を言っておいて、打ち合わせが進めていくうちに、オプションやらなんやらで結局値段を上げていくんです。

マックスでこのくらいはかかるかもよ、という金額を最初から言ってくださったのは、逆に信頼ができましたし、「ここから予算に合わせて色々と値段を下げていく工夫をしていきましょう」という営業スタイルの方なんだと思います。

確かに、どんどん予算が増えていくと、家づくりが楽しく無くなりますもんね。

逆に色々なところを節約すれば、3,000万代後半で建てられるのかなと思います。

大和ハウスの防音室が質もコスパも良い理由

実は、我が家では、みさえがピアノ(グランドピアノ)をしているため、防音室は必須なのです。
そのため、気になる防音室についても、聞いてきました。

みさえ「朝や夜に思いっきり弾いても、近所の方から苦情がこないような防音室をつくりたいんです。大和ハウスさんは防音室の対応はできますか?」

店長さん「実は、ダイワハウスは防音室が得意なんです。本部に、音楽が趣味で強いこだわりをもって防音仕様や音の広がり方を徹底的に調べている技術者がいます。その技術者のおかげで、他のハウスメーカーにリードして、防音室と一体化した家づくりを自社で提案できるようになったんです。」

確かに、ネット検索などで、「ハウスメーカー 防音室」などと入力すると、ダイワハウスの「奏でる家」が最初に出てきます。

なんでも研究家のひろし調べでは、このようにハウスメーカーが家づくりと防音室を一体となって提案しているのは、
・大和ハウス「奏でる家」
・積水ハウス「Life with Music & Theater 音のある暮らし」
の2つだけのようです。

多くのハウスメーカーは、自分たちは家をつくり、その中で、防音にしたい部屋についてのみ遮音シートや吸音材を追加で入れる、もしくは、ヤマハなどとコラボ(別注)して防音仕様にしていく、という流れです。

しかし、このダイワハウス「奏でる家」はそうではなく、建物と一体設計で防音室をつくっていくという発想です。
そうすることで、これまでの防音室のイメージである、
「狭い・低い・暗い」
とは全く異なる、
「広い部屋・高い天井・窓からの明るさ」
を実現した自由度の高い防音室が可能らしいです。
しかも、建物と一体化して設計することで、一般的な防音室の3分の1の値段で設置可能というから驚き。

店長さんも「ピアノの音をシャットアウトするレベルの防音室を作るのなら、プラス100万くらいで出来ますよ!」とおっしゃっていました。
ひろしは、「100万って高っ!」って思ってしまいましたが、音楽家のみさえいわく、「普通、後から部屋をちゃんと防音室にしようとすると500万くらい平気でかかる。100万はかなり安い金額!」と感動していました。

店長さん「本部にいるその技術者の防音室への熱意がすごいんです。外壁だけでなく、窓、ドア、換気扇にいたるまで、防音の弱点となるところすべてしっかり防音仕様を施してますし、特許をとった「コーナーチューン」を部屋の角に配置して、音の響きもコントロールするようにしています。」

みさえ「単に音を漏らさないというレベルでは全くないということですね。」

店長さん「この住宅展示場にも防音室設置してるんですよ。行ってみますか?」

ひろし&みさえ「わーい!行きましょう!」(実際にわーいとは言ってません。気持ちです。笑)

そして、住宅展示場の防音室のドアを開くと、なんと部屋の中では大音量が!
打ち合わせしている間、全然音気にならなかった、すごいな防音室。
そして、確かに広い!明るい!窓も広くて開放的!(目がハート)

いやー、こんな防音室がプラス100万で出来るのは安い!ダイワハウスの「奏でる家」おそるべし!とすっかり気が変わったひろしなのでした。

最後まで全くしつこい営業をしてこなかった好感度抜群の店長さんに丁寧にお礼をし、記念すべき2人での最初のハウスメーカー訪問は終了。

その帰り道。

みさえ
みさえ

あのレベルの防音室があんなに安いのはすごい!大和ハウスで決定だ!

ひろし
ひろし

すごかったね。まあ、まだ他のハウスメーカーの話を聞いてないし、じっくり考えよう

みさえ
みさえ

いや、ダイワで決まりだ!家の完成予想図が私には見えた!(ガッツポーズ)

ひろし
ひろし

・・・。(ダメだ、話にならない)

しかし、なんとこの1週間後、持ち前の気分屋の本領を発揮し、あっさり別のハウスメーカーが良いと言い出すみさえであった…。
その件は、次回の記事で書きます。

それでは皆様、またね、またね、またね!

タイトルとURLをコピーしました