タンクレストイレは一階が最適!タンク有り無し問題ついに決着!

家づくり

皆様、どうも。
ひろし&みさえです。

前回の記事で、タンク付き、タンクレスのメリット・デメリットを、「価格」、「スペースの確保」、「掃除のしやすさ」、「時間短縮」、「設置のしやすさ」、「停電時」、「断水時」の7項目で比較しました。
その記事はこちらです。
タンクレストイレのデメリット!価格、災害、掃除など7項目比較!

第12回目の記事となる今回は、利点・欠点を知ったうえでの我が家の決断について書きたいと思います。

我が家の決断!一階はタンクレス、二階はタンク付き!

我が家の決断は、一階はタンクレストイレ、二階はタンク付トイレというものです。

みさえ
みさえ

おいおい、中途半端だな。そんなのありかよ。

ひろし
ひろし

これにはちゃんとした理由があるんです。聞いてください。

みさえに厳しく責められてますが、両方良い面、悪い面があるから1個ずつ付けたい、という単純な訳ではありません。
我が家の決断理由を詳しく説明しますね。

一階タンクレスの理由①玄関近くに手洗いが欲しいから

ピアノ教室を行う予定の我が家は、
一階:1LDKとピアノ教室
二階:寝室、子供部屋、お風呂・洗面所
というような間取りになる予定です。

そのため、このままでは、家に帰ってきて、一階で手を洗える場所といえば、台所のみとなってしまいます

キッチンで外からの汚れた手を洗うことに少し抵抗があるのと、将来子どもができたときに、「家に帰ったらまず手を洗いましょう!」を実践してもらうためにも玄関近くに手洗いを設置したいと考えています。

そして、その手洗いをトイレの手洗いと兼用にする予定です。
ピアノ教室の生徒もトイレを使うことを想定し、生活スペースであるLDKが見えない玄関横にトイレを配置する我が家的には、ちょうど兼用手洗いとするには最適な間取りです。

タンクレスのデメリットである、手洗い器を別で設置しなければいけない問題を逆に利用する作戦です。

一階タンクレスの理由②子どもがよく使うから

ピアノ教室をする場合、1階のトイレを生徒が使うことがあります。

小さい子も多いので、やんちゃなトイレの仕方をすることも当然考慮にいれなければいけません。
簡単に言えば、よく汚れるということですね。笑

タンクレストイレの場合、タンク付に比べて隅々まで掃除がしやすいので安心です。

また、タンク付トイレで手を洗う場合、タンク上の水が出ているところに手を伸ばして洗うと思いますが、小さい子にとっては位置が高すぎるんですよね。
大人なら少し手を伸ばせばいいですが、子どもの場合、手前の便器が邪魔をしてうまく近づけず、届かないケースもあります。
届かなかったからという理由で、汚れた手でピアノを触られては大変です。
そういった点からも我が家はタンクレスにして、別途手洗い器を設けたいと考えました。

二階タンク付きの理由① 費用面

二階タンク有りの理由の1つ目は、費用面です。

タンクレスに比べ、安い価格帯も多いタンク有トイレ。
限られた予算の中で、少しでも節約するために、生活スペースで家族しか使用しない二階のトイレはコストカットのポイントです。

ウォシュレットなどの最低限の機能があればOKなので、二階は安いタンク付きトイレにしようと思います。

二階タンク付きの理由② 停電時・断水時の対応

停電時・断水時のことを考えると、家の中に1つはタンク付きトイレがあった方が絶対に安心です。
これは、ハウスメーカー営業マンの複数の方から言われました。

我が家は、生活スペースである二階をタンク付トイレにすることで、お風呂の残り湯もすぐ近くから運べます。

災害時には、ピアノ教室も当然お休みとなるので、自分たちだけが使う二階のタンク付きトイレが使えれば、一階のタンクレストイレは使えなくなってもOKと考えました。


いかがでしょうか。
最近は、生活スペースを集中させるため、二階にお風呂や洗面台を持ってくるケースが増えていると聞きます。
そのため、我が家のようにピアノ教室をするという場合以外でも、1階に手洗いスペースをいかに設置するかという問題に直面しているご家庭も多いのではないでしょうか。

今回の我が家の決断が、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

みさえ
みさえ

ピアノ教室のことも考えたプレゼン、見事だったぞ。

ひろし
ひろし

ありがたき幸せ。

みさえの了解も得られたようなので、これにて2回の記事に渡ったトイレ問題は決着です。

それでは皆様、またね、またね、またね!

タイトルとURLをコピーしました