家づくり

家づくり

【総括】積水ハウスとの内装打ち合わせ終了(3回、計15時間)

シャーウッドの内装打ち合わせ総括編。打ち合わせ回数は3回、合計で約15時間。各打ち合わせの内容を記事へのリンクと共に振り返る。積水ハウスのインテリアコーディネーターは、仕事きっちりの出来る系ウーマンで安心でした。
家づくり

【内装⑲】積水とニトリの価格比較(ロールスクリーン編)

積水ハウスのロールスクリーンはニトリ(施主支給)に比べてどのくらい高い?差額は1万~2万円程度と判明。しかし、大きな窓につけるデメリットを感じ設置は無しに。ドレープカーテンはニトリの既製品ならかなり安く、種類も豊富なので比較の余地なし。
家づくり

【内装⑱】積水とニトリの価格比較(ウッドブラインド編)

積水ハウスのウッドブラインドは、ニトリ(施主支給)に比べてどのくらい高い?意外にも4,000円しか変わらないことが判明!※積水ハウス:7.5万、ニトリ7.1万。また、ウッドブラインドを寝室に設置することによるメリットとデメリットも紹介!
家づくり

【内装⑰】積水とニトリの価格比較(ダブルシェードカーテン編)

積水ハウスのカーテンはニトリのオーダーに比べてどのくらい高い?価格差を公開!高さ2.5m、幅2mの窓2つに設置するとニトリでも10万円超え、積水なら15万超えという結果に。また、リビングをダブルシェードカーテンにするメリット、デメリットを紹介。
家づくり

新型コロナの影響で住宅設備機器が無くても引渡し可能に!

新型肺炎コロナウイルスの影響がTOTO、リクシル、パナソニックだけでなく、クリナップ、タカラスタンダード、ダイキン工業、永大産業、ハウステックなど全ての国内住宅設備機器メーカーに広がる中、国土交通省が一部の設備無しでも工事完了を認めると発表!
家づくり

【内装⑯】照明の「総費用」&施主支給との「価格差」

シャーウッドの照明検討。DAIKOとKOIZUMIが3割引になる積水ハウス。しかし、楽天市場等で購入するより約2倍高いことが判明。それでも、大部分を占めるダウンライトを施主支給にしなかった理由とは。結局、照明総額で約34万円になるのであった。
家づくり

【内装⑮】電球色より温白色の方が良い4つの場所とは?

積水ハウスシャーウッドの照明検討。電球色、温白色、昼白色の違いは?電球色が8割の中、あえて温白色にしたのは、クローゼット、洗面所、子ども部屋、リビングの一部の4つ。その理由とは?また、色切り替え機能や人感センサーにお勧めの場所も紹介。
家づくり

【緊急】新型コロナで新築戸建の引渡しが遅れる可能性!

新型肺炎コロナウイルスによる新築戸建への影響は?建材不足で引き渡し日が延期される可能性。また、TOTO、リクシル、パナソニックなどの住宅設備機器メーカーの納期遅延、受注停止の影響を受けることも。住宅ローン金利・フラット35は下がる可能性大。
家づくり

【内装⑭】天井照明の配置&種類で後悔しないための注意点!

積水ハウスシャーウッドの照明検討。リビングダイニングのダウンライトは数と配置に注意!ベッドやソファーの真上のダウンライトは後悔する!鏡とダウンライトの配置に注意!ペンダントライトはダイニングテーブルではなくキッチンに吊り下げるべき!を紹介。
家づくり

【内装⑬】電動シャッターの「費用」と「設置をやめた理由」

積水ハウスシャーウッドの「電動シャッター」の設置費用は約8万円!我が家が電動シャッターを不要と判断した理由は、防犯面は積水の複層ガラスで充分、シャッターで防犯性が高まるか疑問、シャッター自体に耐久性は無い、メリットに対して費用が高いという4点。
家づくり

【内装⑫】壁付けの全身鏡は施主支給に!積水ハウスだと高すぎる…。

シャーウッドの玄関とクローゼットに設置する「壁付け姿見ミラー」。積水の場合、1枚4万円(施工費含む)程度かかることが判明。そこで、楽天市場で1枚2万円以下の全身鏡を見つけ施主支給することとし、積水には取付のための壁下地補強のみ依頼することに。
家づくり

【内装⑪】玄関収納は大容量とスマートさを両立させたい!

積水ハウスシャーウッドの玄関収納検討。夫婦で50足と靴が多い我が家が求めるのは「収納力」と「スマートさ」。そんな夫婦が見つけたのが大容量でも圧迫感のないフロートタイプ、そして飾り棚が無く、扉裏収納まで兼ね備えたラフィス(リクシル、トステム)。
家づくり

【内装⑩】パナソニックのオフローラにした理由と価格は?

積水ハウスシャーウッドのお風呂をオフローラ(パナソニック)に決めた理由は「掃除のしやすさ」と「セット割による価格の安さ(約60万円)」。そんな中、浴槽内に段差を設けるかどうかで揉めることに…。結局、段差有りという嫁の意見が採用されるのであった。
家づくり

【内装⑨】キッチン編(やっぱり「Lクラス」は諦めます!?)

積水ハウスシャーウッドのキッチン検討。定価が同じ「積水ハウス標準仕様のラクシーナ」と「最安仕様のLクラス」のキッチンの見積り請求額に約40万円の差が。それはパナソニックと積水ハウスの間の割引率が関係していた。果たして我が家の最終決断は?
家づくり

【内装⑧】キッチン編(ラクシーナから「Lクラス」に変更!?)

積水ハウスシャーウッドのキッチン検討。パナソニックショールームにてラクシーナではこだわりに対応できないと判明。そこで登場した「Lクラス」のメリットとは?また、ラクシーナの「積水ハウス標準仕様」にLクラスの「最安仕様」で対抗する作戦の結果は?
タイトルとURLをコピーしました